腸内環境を整える効果でダイエット!乳酸菌で痩せない身体を改善

多くの人の乳酸菌の摂取目的は、お腹の調子を整えることでしょう。実際、腸の活動をサポートして便通を正常化する効果に長けていますし、お腹の調子を向上させることは、同時にダイエット効果も期待することができるものでもあり注目を集めています。

個人差があるものの種類は100から3000、数は100兆から3000兆という多くの菌が腸内に生息しています。

そして、善玉菌と悪玉菌、そして腸内環境によってどちらかに左右する日和菌のバランスに関しては、2対1対7であるのが適切な状態です。

乳酸菌はストレスや栄養バランスを欠いた食生活、運動不足や睡眠不足などですぐに悪玉菌に片寄ってしまうこの腸内の菌のバランスを、善玉菌を増やす環境に整えていく効果があります。

もし腸内細菌の勢力が悪玉菌に傾いたままになってしまうと、摂取したエネルギーが上手く代謝されずに体内に残って脂肪としてどんどん蓄積されていったり、腸の働きが鈍り排便が滞ることで、不必要な栄養や身体に害のある毒素まで、排出されずに体内に吸収されてしまうという悪循環が起こるのです。これが、腸内環境の乱れによって痩せにくくなる原因になります。

乳酸菌は、体内で糖質や食物繊維を原料にして乳酸を作り、腸を健康的な弱酸性に保つ働きをするものです。アルカリ性を好む性質を持つ悪玉菌が増殖しないように抑えこみ、善玉菌を増やす働きを手伝います。

腸が正常に働けば代謝機能が活性化し、脂質や糖質を必要以上に吸収せずに余分なものは便として体外に排出されるようになるのです。

便が溜まり重くなった身体を解消できれば活発に動くことができるようになり、自然に運動量も増えて消費カロリー量がアップし、より痩せやすい身体作りをしていくことができます。

お腹をスッキリさせてダイエットもできる、乳酸菌にはそんな力を期待できますが、ヨーグルトや味噌や醤油、発酵食品など身近な食品から気軽に摂取することが可能です。

日々変化する腸内環境を整えるためには毎日しっかり摂ることが大切になりますので、ストレスなく口にできる食品を常備したり、手軽に一定量の乳酸菌を摂れるサプリメントの利用をおすすめします。