転職エージェントのメリット、デメリット

転職エージェントを使ったことがありますでしょうか。転職したい時に利用することで求職者の力となってくれる方々です。

そんな方々は時に転職サイトとどう違うのかと比較されたりします。ここでは転職サイトとの違いや、転職エージェントのメリットやデメリットをお話ししていきます。

転職サイトとの違い

転職エージェントは転職先を探すうえで二人三脚となり、転職活動を行ってくれます。まずは面談をして自分の市場価値、希望する会社の特徴などを説明するとそれに見合った会社を紹介してくれます。

時には面接練習や自己PRシートの添削など行ってくれることもあり、望んだ会社へ入社するためのサポートを行ってくれます。

反対に転職サイトは面談して好みの求人を選んでもらうといったことはなく、自分で条件を指定して好きな会社を自分で選んでいくスタイルになります。

ある程度早期に希望の条件の会社に行くなら転職エージェント、自分で納得いくまで一人で会社を選んでいきたい少し時間に余裕がある人は転職サイトがぴったりです。

転職エージェントのメリット

まず転職の指標を立ててくれることです。いきなり転職活動してくださいと言われても経験がなければ何からしたらいいかわかりません。

そんな時に転職エージェントを利用していればまず何をすべきか教えてくれます。希望する条件に合った求人を提示してもらい、面談などの日程を立ててくれ、面接の練習まで行ってくれます。

会社側からもどういった人材が欲しいか提示されているため、ミスマッチが起こりにくく、早期に転職先が見つかりやすいことがメリットです。

【関連】おすすめの転職エージェント徹底比較!

転職エージェントのデメリット

自分のペースだけで転職活動を行うことができないところです。転職サイトの利用と異なり、一緒に転職を進めることになります。一緒に進めていく以上自分のペースだけで転職を進めることができません。

自分のペースで誰にもとらわれず、転職活動を行いたいという人にとって転職エージェントは向かないといえます。