育毛剤と発毛剤は同じではないので注意!どのような違いがあるの?

薄毛の対策をする時に使用する育毛剤と発毛剤。名前を聞いた感じだと同じような印象を受けてしまうのでどちらを使ってもいいのではないかと思ってしまうでしょう。

しかし育毛剤と発毛剤はいろいろな部分で違いがあるので、同じだと思ってはいけません。薄毛の進行具合によって育毛剤と発毛剤のどちらを使用した方がいいのかも変わってきます。

そこで育毛剤と発毛剤はどのような違いがあるのか使用する前にしっかり確認しておきましょう。

違うジャンルに分類される

健康や美容のために使用するケア用品は基本的に医薬品、医薬部外品、化粧品の3種類に分かれます。

育毛剤は頭皮に対して刺激が弱めなので医薬部外品に分類されます。しかし発毛剤は頭皮に対して刺激が強いため医師の判断も必要になり医薬品に分類されます。

違いジャンルに分類されるという事はその時点で同じではないのでしっかり把握しておかなければいけません。

育毛剤は頭皮環境を整える有効成分が含まれているので、健康な髪の毛が生えてくるのを促進する効果が期待出来ます。そのため薄毛がそれほど進行していない時に使用するのが効果的です。

しかし発毛剤は新しく髪の毛を生やすための有効成分が含まれているので、薄毛が進行していて早めに対策しなければいけない状態の時に使用するのが効果的です。

このように効果が違うので使用する状況を間違えてしまと逆効果になり薄毛がさらに酷くなってしまう事もあるのです。

薄毛の対策をする前に育毛剤と発毛剤の期待出来る効果をしっかり把握してどちらを使用するのか判断していきましょう。

発毛剤は副作用が出る可能性が高い

育毛剤は刺激が弱い有効成分だけを配合して製造しているので、使用した後に副作用が出る事はほとんどありません。そのためドラッグストアなどでも販売されているのです。

しかし発毛剤は発毛効果があるけど刺激が強いミノキシジルなどが含まれているため、使用した後に副作用が出る可能性が高くなります。

特に頭皮が薄い人やアレルギー体質の人は使用した後に炎症を起こしたりする事も多いので注意しなければいけません。

発毛剤を使用して薄毛の対策をする時は最初にパッチテストをして頭皮に問題が発生しないかどうかを確認する事が大切になってきます。

まとめ

育毛剤と発毛剤の違いを紹介していきましたが理解していただけたでしょうか。特に発毛剤を使用する時は注意が必要ですね。

どちらも正しい使用方法があるのでしっかり守って薄毛の対策をしていくようにしましょう。また不安な部分がある場合は薄毛治療の専門家に使い方の相談をしてみるといいでしょう。

https://ikumoufirst2018.com/